NCC エヌ・コンコード・コンサルティング株式会社

お問合せは(平日:10:00~18:00)TEL 03-3943-4621 フォームによるお問合せはコチラ

Nマガジン

相続対策の基本的な考え

2018.06.25

弊社は相続対策のご提案を業務の一つとしています。

そこで、私が考えている相続対策の基本を今回記述していきます。

相続対策には以下の3つの対策が基本と言われます。

〇分割対策

〇節税対策

〇納税対策

どの対策から始めたほうがいいのでしょうか?

少し考えてみましょう。

「相続対策を考えていますか?」と質問しますと、非常に高い確率でいただくご返答があります。

それは、「うちは相続税がかかるような財産がないから関係ないよ」です。

果たしてそうでしょうか?

本当に相続税がかかるほどの財産がないのであれば、確かに節税対策と納税対策の必要は無いかもしれません。では、財産をもらえる法定相続人は一人でしょうか?複数いる場合は法で定められている相続順位に従って財産を相続できます。第1順位が配偶者と子、第2順位が配偶者と親、といった具合に相続の優先順位が定められています。(相続人が遺言により相続財産の分割を指示することも可能です)

ということは法定相続人が一人だけではなく複数いる確率が高いと言えます。つまり相続財産を複数人で分けるということが必要になります。

ではどう分けましょうか?

相続財産に不動産が含まれるケースが多くなっています。ジュースを分けるように均等に分割できれば仲良く分けることができますね。しかし不動産はジュースのように分けることができません。

では自宅の家(土地・建物)を兄弟で共有すればいいでしょうか?

法律上は可能ですが、一つの不動産に複数の権利者ができてしまう状況は実務上タブーです。(共有の問題は後日詳述していきます)

ということは、法定相続人のうちだれか一人に自宅を相続してもらい、他の財産をケンカしないように分割していくのです。

私は、このケンカをしないで分割をする方法を考えることが非常に大事であると考えています。財産は残ったけども、遺族達はいがみ合って2度と顔を合わせることをしないなんて状態になったら悲しいですよね。相続対策はケンカ無しの円満対策を至上命題とすべきと私は考えます。

最初の質問に戻りますが、3つの基本的対策のうち何から始めればいいのでしょうか?

そう。一番最初は分割対策から始め、円満対策の道筋を決めていくことが大事です。

次に相続税がかかるような方は納税資金対策と節税対策を考え、より強固な対策を作り上げていくのです。

順番は①分割対策②納税対策③節税対策です!

そして相続対策を考えていくには、相続財産がどのくらいあるのかを把握していかなければ何もできません。相続対策を考える際の第一歩として、財産の棚卸をしましょう!

私たちエヌ・コンコード・コンサルティング株式会社は、そのお手伝いをしてまいります。

 

 

 

記事一覧はコチラ