NCC エヌ・コンコード・コンサルティング株式会社

お問合せは(平日:10:00~18:00)TEL 03-3943-4621 フォームによるお問合せはコチラ

Nマガジン

Nのつぶやき③~ニュージーランドの新型コロナ感染対策~

2020.04.19

前回のNのつぶやきでは台湾がコロナ対策に成功しているという記事をピックアップしてお伝えしましたが、

今回はニュージーランドに関する記事を読んで思ったことを記事にしていきます。

 

先ず、ニュージーランドの新型コロナ感染に対して国の目標は「根絶」だそうです。

すごいですよね。

そのために、ものすごく厳しい行動制限をして国民もかなり疲弊しているのかと思いきや、そうでもないそうです。

国民の92%は自国の政府方針に従って行動しているし、国民の88%は政府が下す判断は信頼できると回答しているそうです。

これもすごいですよね。

これはニュージーランド政府の国民に足しする発信力と、思いやりのある政府補助があるからだと思います。医療や食品販売などの生活に不可欠な職以外の人は全員自宅勤務だそうですが、自宅にいては仕事にならない人もいます。その人たちには毎週NZ$585.80(約38,000円)が支払われるそうです。(パートタイムはNZ$23,000)

また、ニュージーランド首相の行動も国民に好ましく思われているようです。

ニュージーランド首相は「Unite against COVID-19(力を合わせて、新型コロナに対抗しよう」を合言葉に時間を見つけては情報等のライブ配信を行い、国民一人一人の力を合わせていかなければコロナウイルスに対抗することはできないと訴え続けているそうです。

この結果、対策開始から2週間経過していて検査数は増えるが感染者数は減っているそうです。

 

国民の行動抑制と生活補助がセットになった政策。

政府の国民へのしっかりとした説明と思いやりのあるメッセージ。

政府を信じて行動ができる国民。

感染が減る。

うらやましい。

 

ニュージーランドは人口が495万人の国ですので、

全てが我が国に当てはまるわけではないですが参考に出来る部分は沢山あるのではないでしょうか。

 

記事一覧はコチラ